--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011.01.27

「卒制採用」というシュウカツの仕組み。

ちょっと気になったことがあったので、ツイートしたら見事にバズりました。
(東京アートビートさんにRTされたあたりから加速した・・・)

スクリーンショット(2011-01-27 2.17.08)

面白法人カヤックの、「卒制採用」。
↓詳しくはサイトで。
http://www.kayac.com/recruit/sotsusei/
100人以上の公式RT!うーん、スゴい。
非公式もあわせると、300は越えてました・・TLがカヤックで埋まったw
一般的な3回生の冬あたりからのESを書いて面接してのシュウカツではなく、
4回生の3月に勝負をかける、なんとも面白い採用方法。
これだけRTされるってのも、ほんとにみんなが渇望してたシステムなんだろうなぁ。


ニッポンのシュウカツ、私もかじる程度に参加してみているのですが、
ほんとシステムに「?」が多い。

アメリカでは、エンジニアやクリエイターの就職は
Twitterで決まる、とかいう話も耳にします。
採用をTwitter上で募集して、リプライでエントリーする。その人のTLを見て企業もジャッジする。
たった30分のガチガチの面接よりも、日々垂れ流してるツイートの方が
よっぽど個性や生活態度が見えるし、信憑性あるかと思います。
実力もブログやfacebookを通せばある程度見えてくるし。
魅せ方の上手い下手はあるだろうけど、
結局その「魅せ方」の上手い人が社会にも通用するわけで。。

「シュウカツ」のために一時的に筋肉を付けるのも悪くないけど、
日常的な鍛錬を見てもらえるのが1番やなーと。私は思います。

大体、これはみんなも言うけど時期が早いわな。
学費払って頂いて希望した大学にいって、その大学をサボらないとシュウカツできない、ってのは
甚だおかしい話でもあるよね。(と、普段から登校拒否気味の私が言えたことではないか・・・)

実際エントリーした後も、ありきたりの質疑応答じゃ本質的なところはわからない。

そういう中で、カヤックさんのこのシステムはほんとに歴史的だと思います。
全力で頑張った卒業制作を見てジャッジしてくれる。
どれだけ頑張り屋さんか、ダイレクトに伝わる。有能な人間と、仲間になる。いーー会社だなぁ・・・
このカヤックの取り組みが、3年後の就活システムを、大学生の生活を、雇用の在り方を変えていくんじゃないだろーか・・とわくわく考えているなう!


そして。そんな美大生にとって何よりも大切な「卒制」。

先日成安造形大の卒業制作展(@京都市美術館)に行って参りました!
(この流れ秀逸w)

成安て、よく知らなかったんですが、とても丁寧に創られている作品が多くて、面白かった!
個人的ヒットだった作品をいくつか。


seian-P1210260.jpg
洋画クラス/宗田晃さん「sense」。

洋画の中で一番インパクトのある作品だった!
吸い込まれそうな吸引力。どこか中性的な感じがほんのり不気味で。
(一緒に行った友人談によると、作者はとんでもイケメンの方らしい・・)

seian-画像 1144
写真クラス/長谷部哲さん「Bride dressing」。

この作者の方は既婚者の男性なのですが、
義理のおばあさんが自身の奥さんのウェディングドレスを
嬉しそうに着ているのがきっかけとなって、このシリーズを撮られているそう。
全国からあつまった希望者の老婦人の方は、みなドレスを着る事で精神的にも身体的にも良い効果が出たそうです。
引きの強いビジュアルと、しっかりとしたコンセプトが同居した作品。凄い。。


seian-P1210223.jpg
構想表現クラス/瀧弘子さん 「一張羅」。

これはもう・・・・・すごかった・・ww
卒展の期間中毎日、入り口すぐの所で身体を張ってのパフォーマンス。
もちろん女性。(時々休憩されていた)
もうインパクトが凄すぎて、すごかったっす。。すこし痛そう。。


seian-画像 1149
洋画クラス/中東さん「お肉」。

たっぷりとしたお肉。どれぐらいかけて、お肉と向き合って制作されたんだろ・・・
他の作品も是非拝見してみたい!


seian-画像 1157
イラストコース/石山梓さん「くらし」。

上手いなーーーー!と思った作品。
自身の住んでいる大阪の街を、イラストで描いているのですが、
少しの注釈や登場人物の表情が、ほんとにおもしろい!見てて飽きない!連載してほしい!w


seian-P1210248.jpg
洋画クラス/岡本里栄さん「One's eyes」。

こちら、写真があまりよろしくないのですが・・・
しっとりと土の香りがするような作品でした。
この土着感は、関西だからこそ・・という感じがする。
ずーーーと見てて飽きない作品。不思議な表情。

seian-画像 1153
ファッションデザイン/田辺菜摘さん「darliy」。

これは、個人的な好み^^
ファッションショー見れるかなーーと思ったけど、見れずで残念。
英国風美女の友人に着てほしいドレス。優雅にティーパーティーしたい♡^^


seian-P1210241.jpg
イラストコース/加藤雄亮さん「invader」。

うまっっ!
って、唾を飲む画力。
個人的なタイプとはまた違うのですが、これだけ描けたら気持ちいいのだろうなぁーー、と思うのです。
成安は想像以上にイラストクラスがすごくって、
アニメや漫画の人口が7割くらいいるように感じました。
アニメはどうしても模写的なものが多くなって個性・・というと少し欠けてしまう部分もあるのだけれど、
その分技術に注力しているだけあって、個々のレベルがとても高かったです。
その中でもひと際目をひいた作品。


seian-P1210215.jpg
グラフィックデザイン/塩谷啓悟くん「VS自分-京橋REMIX-」。

これは、、w
「塩谷」という名字の通り、私の親戚ですwww
亡くなった父方のおじいちゃんの弟の孫のケイゴくん。
言い換えると、お父さんのイトコの息子。つまり、ハトコです。(遠い・・!)

親戚なのに、この日初めてマトモに喋りましたw
幼い頃に1回会ったような、会ってないような、、、ほんとに曖昧です。。
(ハトコって、それくらいの存在なのか・・)


しかし、この出来事は、ほんとーーーに嬉しかった。
「塩谷」って名字は、あんまり多くないので
同じ名字の血の繋がった親戚が、しかも同い年で!美大で!頑張ってて!!
今一度、自分の名字に愛着がわきました。
この日は家でも親戚トークに華がさいた!
父方の親戚のこと、あまり知らなかったけど、なんか一気にいろいろ知った!

seian-P1210191.jpg

記念の1枚wこの距離感ww^^^

私たちの共通のひいおじいちゃんは、建築関連の仕事をしてたそうで、
とてもお洒落で芸術的な方だったそうです。

いまやかわいくボケてしまったうちのおばあちゃんが、
「2人とも芸術系で、これはおじいちゃんの血を引いてるんやねぇ。」って言ってたそうで、
自分のルーツがそんなとこにあるのかなぁ、、とか、なんか嬉しかったなーー。

そしてクリエイターとしてもセンス溢れる啓悟くんは、これからも色々とご一緒出来そうで
なんだか2人で「これで少しでも親孝行が!!」と言い合っててました。(ちがうか!)



シュウカツの話から、親戚のしんみり話まで飛んでしまいました。が。

でもほんと、「ひいおじいちゃんが建築の仕事してたんだよー」って、
ひ孫にまで伝わるのって素晴らしいと思います。

あたしも、「ひいおばあちゃんは○○の仕事してたんだよー」って
ひ孫に伝わるように、自分の「仕事」をしっかり生き抜きたいなぁ。って。
\仕事も/ \家庭も/ \(^o^)/


とりあえず今は目の前の仕事を、より良いものに出来るように
頑張ろーと思います。その告知は次のブログで。


ひいおじいちゃんに思いを馳せて眠ろう、おやすみなさい。。。




ブログランキング参加中!\(^o^)/








スポンサーサイト

この記事へのトラックバックURL
http://shiotantan.blog34.fc2.com/tb.php/193-cffc4486
この記事へのトラックバック
コメントする
素晴らしいでしょうね。
こんなの絵の作っている、芸能でしょうね。
皆お疲れ様です。
Posted by wedding dress at 2011.01.27 10:27 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。