--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010.04.24

アートフェア京都にギャラリー@KCUA

スクリーンショット(2010-04-23 22.44.05)

すてきなホテル。
ホテルモントレ京都です。
ロビーにはよく入ります。
(が、そこまでです。)


こちらのホテルモントレにて開催される「アートフェア京都」。の、代表をされている
石橋さんと、お忙しい合間に昨日時間を取って頂いて、お話をさせて頂いたのです。
井村さんのご紹介であります。ありがとうございます。
日頃は、三条烏丸のギャラリーカフェ、ニュートロンの運営をされてる石橋さん。
東京にもニュートロン東京があります。
ギャラリーカフェというか、プライマリーギャラリーというか。
つまるところ、一流ギャラリーですね。ふんふん。

京都を代表するギャラリーに、更に京都を代表するアートフェアを運営して、
めちゃくちゃ凄い方なんだろうなぁ、と思って緊張してましたが、
なんだか凄く気さくで、すごく素敵な意味で「普通」でフラットで、(価値観的な意味で)
とてもとても、憧れるような方でした。あああ。。
(そしてSHAKEフリペめっちゃ褒めてくださったうれひいです涙)


アートフェア京都、本年が初開催なのですが、
京都で、現代の、アート、社会を、
これから凄く高いレベルで絡み合わせて、どんどん発信していかれるであろうフェアです。
観光地、文化都市の京都に、現代アートというジャンルを広げてくれるような。
「へうげもの」とかの、モーニングの漫画からの出展があるのもおもしろいっす。
まもなく産声があがります。すっごい楽しみなのだ!!!
入場料2000円ですが、作品買うとキャッシュバックされます。
わたしのような、100円玉を拾って喜んでるような貧乏学生には、その先はきびしいですが、、涙

石橋さんとの会話の中で何より印象に残ったのが、
お客さんを「おもてなし」する、という言葉。

接客業には当然の言葉ですが、アートには、時にこの姿勢が欠けていたり。
ぶっきらぼうすぎたり、オナニープレイだったり(失礼、自己陶酔的なこと、そういう表現しますよ、ね)
でも、アートフェア京都では、「自信を持っておもてなしします。」
と、石橋さんはおっしゃってました。

第三者的に見て、「おもてなし」まで感じられるイベントや作品が、
どんなくらいあるかな、と。。

やっぱり、実に少ないです。そいで、目指しても目指しても、なかなか届かない。
私も、編集者としても、イベンターとしても、人としても、大事にしたいです。
おもてなし。

アートフェア京都については、
&ARTさんが素敵な対談記事を書いて下さっています。

対談されているのは、
imura art galleryの井村さん、
ニュートロンの石橋さん、
MORI YU GALLERYの森さん。

場所もいつもお邪魔している井村さんの社長室で、
井村さんからもよく伺う話題なのですが、
こうしてメディアとしてまとめられていると
ふんふんふん、と今一度きもちよく理解できます。

art3.jpg

みなさまぜひ。京都のアートのいま、がちらりちらり読み解けます。
http://www.andart.jp/feature/100422/index.php





と、もひとつ!

スクリーンショット(2010-04-24 4.25.28)
こちら、本年度からOPENした京都市立芸術大学のギャラリー、@KCUA。(あくあ、ってよみます)
私は芸術学専攻なので、授業のプロジェクトとして、こちらの運営にも、すこし、お手伝いをさせて頂くことになりそうなのですが
何せまだ行けてなかったので、、、とにかく行ってきました。アクア。

堀川二条、というすてきな立地、新しさぷんぷんの建物でした。
(いったいぜんたい、どこにこんな予算が、、、!!!)

現在、京都芸大出身の20~30代作家さんのグループ展、
「きょう・せい」を開催しているのですが、
出陣アーティストが超豪華。(出展、というか、出陣、という雰囲気であります。)

SHAKE ART!の裏表紙を飾ってくださっていた、imura art所属の上田順平さんはじめ、
ジャッピーで有名なAntennaの作品、岡本太郎賞の若木くるみさんなどを筆頭に
京芸卒の若手作家さんの作品が出し惜しみなくずらずらと。
展覧会、というより、博覧会、、みんぱく?といった感じで、
空間全体が重厚感があって、たっぷり、おなかいっぱいの展示内容です。

2階の展示空間がすごい。

スクリーンショット(2010-04-24 4.23.40)

こちらも上田順平さんの作品。他も、ずどーーーーーーーんと迫力のある、
起源的な空間でした。(ことば、、あってるのか?)

この展示は25日までです。いそげ!
京芸ギャラリー、詳細はこちらにて。


そして、事務所に入りこんで、上田さんと、Antennaのヒデジさん、
運営の森山さんと話まくる会。

森山さん、、、こんなに愉快で爽快な方だったなんて、、、
同じ芸術学研究室の空気を吸っているだけあって、
共通の話題も膨らむふくらむ。
非常に楽しい5時間でした。(って、長いわな)

あと、うちの大学は公立なので、
私学みたくプロモーションが出来なかったり予算がなかったり、、、で、
artDive営業マンとしてつちかったのうはうを
がっつりお伝えさせて頂きました。。
無料で掲載できるアートイベントサイトとか、ツイッタプロモーションとか、とかとか、もろもろ。
京芸ギャラリーがツイッター上で暴れだしたら、その「中の人」は私かもしれんです。。



@KCUAの事務所、居心地が良すぎて、がっつりノートPC立ち上げて、artDiveの事務作業してましたが。
すてきな事務所ができた ←ちがう
学内プロジェクトもがんばりたいです。


スクリーンショット(2010-04-24 4.21.55)

あと、森山さんが「閲覧用」としてフリペを並べてくれました。
京芸のオフィシャルな発行物が並ぶ横に、こんなチンピラ雑誌が、、、←
いやはや、ありがとうございます。
閲覧頂ければうれしいっす。


ぎゃー、めっちゃ長なってしもたー
他にも、色々書きたいことありますが。
BATI-HOLICさんの公演がすばらしかったとか、
アリスインワンダーランドが内容もビジュアルも超一級で感動したとか、
それぞれ2000字ぐらいで書きとめたいのですが、
そんなことも出来ず時間はすぎますな。かなしひ。


あ、そして!artDiveの出展者募集、第二次募集が明日までです。
引き続き第三次も行うことは行う予定なのですが、
明日で締切のブースタイプなども出てきますので、ご出展をご検討の方は是非ともおはやめに、、!!

と、営業トークっぽいシメになりましたが。
ぜひ、ぜひ。


ブログランキング参加中!なぜかいつまでも1位ですうへえええ




アートダイブ02、出展者さん募集中です!よろしくおねがいします!^^
京都で開催される、若手クリエイターのためのアートフェスタ:artDive[アートダイブ] 京都アートフェスタ2010

スポンサーサイト

この記事へのトラックバックURL
http://shiotantan.blog34.fc2.com/tb.php/144-b82a0e22
この記事へのトラックバック
コメントする
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。