--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010.03.31

今世紀最大の緊張

80532936.jpg
まゆまろ君にかこまれるシェイクアート。





今日は、京都府の青柳さん、矢野さんにお声掛けいただき、
「京都ならでは文化事業提案者交流会」
という会にいってきました!

なんと、アートダイブは、青柳さんのご推薦で「京都ならでは事業」に認定して頂いているのです。
京都では、2011年の国民文化祭にむけて、たくさんの「京都ならでは事業」があるのですが、
その各実行委員長があつまってのプレゼン&交流会、ということで。
私もアートダイブ代表として喋らせて頂けるとのことで、徹夜で(常にギリギリ)プレゼン用の資料をつくり、
フリペを70冊ほどコロコロにつめこんで、
京都は九条の京都テルサまで行ってまいりました。


ほしたら、もう。
すごかったです、メンバーが。
京都を代表する文化事業をやってらっしゃる方々。
大学の教授陣。府議会議員さん。有名なメディアの方々。
が、ずらりと60名。
あたしみたいな若年のはみだしものが紛れ込んで良いものか、、、と

そして、みんながプレゼンをするのかと思いきや、
プレゼンを行うのは私含め3団体のみ、、、


原稿なしでいける!と、自分を過信してしまい(てか間に合わなかった、、^^^)
まったくの空でお話をさせて頂き、
じゃっかんぐだったプレゼンにもかかわらず
皆様すごい一生懸命聞いてくださって。
その後の交流会ではありがたいお話、
共感の声、今後のコラボレーションの声、
たくさん頂いて、ふらふらしました。



あぁ、緊張した。
あぁーー、うれしかった。


プレゼンでもお話させて頂いたのですが、
ほんと我々が美術の業界、だけではなくて
もっともっと広い業界、色んなジャンルの方と
つながって、相互に作用して、
もっと広く、関西全体が盛り上がれるような、文化的なことがしたい。
っていうのが、私個人の夢でもあり、アートダイブの目標でもあるので
そのきっかけに十二分すぎる交流会に参加できて、
本当に嬉しかったです。


でも、緊張すると、ほんとに体力失いますね、、
頂いた名刺を握りしめてよろよろ帰りました。
おなかがぺこぺこだったのですが、交流会で出たオードブルも話まくって食べる時間なく
結局食べれたのはからあげ2個でした。(そこちがう)


具体的に、一緒にプロジェクトしたいですね!っていうお話も出来て、
本当にわくわくする会でした。
京都府の青柳さんにも、いつも本当に応援して頂いて、
本当に本当にありがたい限りです。

そんな青柳さんからの、アートダイブへのメッセージはこちら!

http://www.artdive.net/message/

アートダイブのオフィシャルサイトでは、
今スペシャルサポーターさんからのメッセージを掲載しはじめているのです。

第一回目は、digmeoutの谷口さん。
すてきな応援メッセージ下さってます。

谷口さんと言えば、30日から梅田のイーマと、digmeout ART&DINERで
digmeout EXHIBITIONが開催なう!です!

index_1266542645_25749-1-1.jpg

私もフライヤー配布のご協力をさせて頂いてるので、
常に配りまくっております。
美大生じゃないみんなも、ショッピングの合間にぜひ!イーマ1階玄関すぐだよ!

digmeout作家さんの作品がずらり!(と、私もまだ拝見出来てないのですが、、)
行くしかないっす。



本当に今日はありがとうございました!

しかし、最近ほんとにバタバタしてしまって、
ライフワークもままなりません。
肌が、荒れてるを越して痛んでる。。。
1日にメールもめっちゃ頂いて、お返事出来てないものもあり、、
必ず返させて頂きたいのですが、24時間、まにあってない。。
寝てるか働いてるかどっちかです。。

これはいかん。2009年度、ラスト1日。
生活も立て直してがんばりましょーーう。


明日は高校時代の吹奏楽部の定期演奏会!
あたしが高校の青春をささげた部活ちゃんです。
舞台袖で楽器運んできます!
練習&OB会にいけなさすぎてほんとごめんなさい!後輩がんばれーー!



ブログランキング参加中!現在なぞの1位です。ありがとうございます!




アートダイブ02、サイトぞくぞく更新中!宜しくお願いします!
京都で開催される、若手クリエイターのためのアートフェスタ:artDive[アートダイブ] 京都アートフェスタ2010



スポンサーサイト
Posted at 03:16 | artDive | COM(0) | TB(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。